2012年02月23日

K2 Investment 河合圭と年金試算、1955年生まれ以降は負担超 〜内閣府

御久しぶりです
今日のK2 Investment河合圭氏の資産運用術から学ぶはK2 Investment 河合圭と年金試算、1955年生まれ以降は負担超 〜内閣府なんでK2 Investment 河合圭と年金試算、1955年生まれ以降は負担超 〜内閣府などを説明しますね

先日内閣府から出た将来の年金受給における収支表によると1955年生まれ以降の人は収支は赤になるよう。説明しておくと収支というのは出る分(年金保険料支払)と入る分(年金受給額)の差のことです。赤というのことは支払う額よりももらう額のほうが少なくなるということです


生年  保険料支払 年金受給 収支
1950  1436   1938   502
1955  1876   1877    0
1960  2066   1783   -283
1965  1996   1579   -417
1970  2059   1535   -523
1975  1946   1359   -588
1980  1925   1269   -656
1985  1978   1265   -712
1990  1924   1219   -705
1995  1797   1122   -674
2000  1688   1052   -636

1955年以降生まれの人は皆赤字ですね。年金で支払うならタンス預金しておいたほうがいいということになります。

物価上昇率:年1%
運用利回り:年4%

物価上昇率はこれでまあ置いておいて、運用利回りの年4%は到底出せる数字ではないですね(というより現状出せていないです)。これで現在価値を求めているのでマイナスになっているわけで、実際は自分で年4%出せる自身のない方は年金をしておいたほうがいいことになります。
この数字を見て、これから年金保険料を支払っていく若い世代、もしくはまだ積立が短い20代の人たちが年金保険料を支払うのが馬鹿らしくなるのは当然のことです。早く現在の過度な支払額を是正しないといけないのですが、最も有権者と投票率を占めているこの世代を否定するような政策が取れる政治家がはたしてこの日本にいるのでしょうか。河合圭さんはいないと思うようですけど、言えることは、良い政治家を育てるよりも自分の年金を別で作っておいたほうが解決になるということなんですよね。

posted by shisan at 11:26| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
K2 Investment 河合圭さんは年金受給についてどう思いますか
Posted by 8 at 2012年02月23日 12:59
年金試算等、勉強になります。
この手の話題はやっぱり気になって見てしまいますよね〜^^;
河合圭さんのブログ、次も楽しみにしています!
Posted by 冬至 at 2012年03月02日 16:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。